2007年04月21日

野毛の大道芸とジャズ祭り

野毛ジャズ祭り

野毛ベリーダンス<

1年ぶりに野毛の大道芸とジャズ祭りを見てきました。やや風が強く、出演者の人は大変そうでしたが、今年はベリーダンスや曲芸もあり、バリエーションが広がり楽しいイベントでした。

昨年、笑顔がとても素敵で好印象だったジャズベーシストのサリー佐藤さんのバンドも出演し、昨年とはメンバー構成も若いメンバーが加わり、サリーさんも若々しい演奏スタイルに変わっていました。

馬車道ではベリーダンスや4メートルほどの高さもある一輪車を操る外人曲芸師の参加も楽しかったです。

ひらめき参考資料 http://www.daidogei.jp/
posted by アレックス杉山 at 11:04| Comment(0) | 野毛・桜木町近辺

2007年01月04日

謹賀新年

伊勢山皇太宮

明けましておめでとうございます。年末から正月3日まで実家のある岐阜に帰っていましたので、4日の朝が横浜での新年になりました。

天気もよく、伊勢神宮の分社である伊勢山皇大神宮に初詣に行ってきました。伊勢山皇大神宮は「横浜のお伊勢さま」として親しまれています。

下の写真は、横浜の中華街にある関帝廟。中華街の反映はこの関帝廟なくしては語れないとも言われる中華街の守護神です。この日も中華街は多くの人で賑わっていました。

さあ、今年は、さまざまなエネルギーが大きく拡大する年らしいので、良い波に乗っていきたいものです。中華街の有名な占い師に手相を見てもらったら、今年あたりから、運勢が上昇するとか・・・。そうありたいものです。

今年も宜しくお願いいたします。


ひらめき参考資料 http://skyimpulse.s26.xrea.com/iseyama.html


関帝廟
posted by アレックス杉山 at 08:23| Comment(0) | 野毛・桜木町近辺

2006年10月08日

横浜ジャズプロムナード

横浜ジャズプロムナード

10月7・8日に日本最大級のジャズイベントである「横浜ジャズプロムナード」が開催されました。横浜のジャズ発祥の地でもある「野毛」や「桜木町」周辺のホールやジャズスポットでは、多くのミュージシャンが競演していました。何といってもいいのが、一日通し券で何回でもいろんな場所でのジャズのライブが楽しめること。僕は2日間でトータル10バンドの演奏を楽しみました。こんなことは初めてです。

オランダからはヨーロッパジャズ界の大御所である「ルイス・バン・ダイク」も参加し、日本ジャズ界の著名ミュージシャンも参加していました。

演奏中の写真は撮影禁止のため、特別に、リハーサル準備中の後姿の写真での紹介ですのでご了承ください。

ひらめき参考資料 http://www.jazzpro.jp/2006/index.html


posted by アレックス杉山 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 野毛・桜木町近辺

2006年09月14日

季節の分岐点

桜木町交差点

このところ急に涼しくなって、最高気温も20度を下回る場所も出てきました。11月初旬頃の気温だとか。一気に秋が加速した感じです。天気は当分、雨か曇りのようで、すっきりしないけれど、僕にとっては涼しいのはありがたいです。(少し夏バテ気味だったので)

この時期が、きっと「季節の分岐点」なんだろうな。仕事も人間関係もいろいろな変化をみせる時期でもありますね。

桜木町のJR駅前にあるこの道路標識は、背景にランドマークタワーを入れて写真を撮ると、ちょっとしたシンボリックなモニュメントにも見えます。

みなとみらい21と野毛はJR桜木町駅を挟んで、まさに街並みが「新旧」の分岐点のような感じがあります。みなとみらい21方向はまさに近未来で、人間味あふれる野毛の横丁はレトロな庶民文化を感じさせ、僕の好きなジャズスポットも多い。日本でもこれだけコントラストのある街は少ない。それがタウンウォッチングしていて楽しい場所である理由でもありますね。どちらもこれからも発展していってほしいものです。

ひらめき参考資料 http://www.natsuzora.com/may/town/sakuragicho-eki.html
posted by アレックス杉山 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 野毛・桜木町近辺

2006年07月19日

幾何学的な横浜市立図書館

横浜市立図書館

横浜市立図書館は横浜市内では一番大きな図書館だ。すぐ近くに県立神奈川図書館もあるが、利用者数はこちらのほうが多いと思う。

野毛山公園の前にあるので、とてもいい環境だ。この建物の特徴は幾何学パターンを意図的に取り入れているところで、このアングルからの写真が一番幾何学イメージが強い。

CDの貸し出しがないのが残念だけれど、地階には音楽関連の資料や雑誌が豊富だ。僕の好きなジャズの資料もけっこうあるので、利用している。ちなみに県立神奈川図書館はCDの貸し出しをしている。

ひらめき参考資料 http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/library/index.html


posted by アレックス杉山 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 野毛・桜木町近辺

2006年07月01日

ストリートアート・ギャラリー

桜木町壁画

花咲坂・・・雪見坂・・・紅葉坂と、国道16号線を横浜駅方面から桜木町へ向かう道には風情を感じる粋な地名がついている。ちょうど花咲坂のバス停のあたりから、桜木町にかけて、この壁面ストリートアートは500メートル以上続いている。

このアートの歴史は長く、横浜を象徴する壁面アートだ。いたづら書きをされることの多い壁面を、いろんなアーティスト達に開放して、ある程度、構成された作風でまとめたことは素晴らしいと思う。ニューヨークにも似て、いかにも日本のジャズ発祥の地、横浜らしい。

僕はこの「目」をテーマに書いたアートが、ポップアート的なタッチもあり気に入っている。

ずっと壁画アートを見守る目であって欲しい。心無い者達が、落書きを重ねないことを祈るばかりだ・・・。

ひらめき参考資料 http://www.natsuzora.com/may/town/sakuragicho-eki.html
posted by アレックス杉山 at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 野毛・桜木町近辺

2006年05月28日

庶民文化ストリート

野毛飲み屋街

桜木町の駅を挟んで、みなとみらい側と野毛側ではまったく好対象の街だ。新しさと古さがこれほど住み分けられている場所も珍しい。

野毛は大道芸やジャズのメッカとして、また歓楽街としてずっと栄えてきた。この通りも典型的な野毛の街並みを描き出している。横浜の庶民文化を支えてきたのは、野毛だと思う。

僕の大好きなジャズ喫茶やジャズクラブはいまだに顕在だし、ガンバっている。

みなとみらいで「未来見学」に疲れたら、ぜひ庶民文化の野毛を楽しんでください。ホッとしますよ。

ひらめき参考資料 http://www.noge-monzen.com/
posted by アレックス杉山 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 野毛・桜木町近辺

2006年04月22日

庶民派の野毛、万歳!

野毛の大道芸

4月の22日と23日は野毛の大道芸があって、とても賑わった。22日の土曜日に行ったのだけれど、大道芸のパフォーマンスやジャズの生演奏もあって、とても楽しかった。

野毛の公園では中年のオヤジバンドが懐かしいブルースを演続くメインストリートではジャズの生演奏も行われ、ジャズの好きな僕は何回も演奏を聞かせてもらった。

桜木町の駅を隔てて、野毛側とみなとみらい側は、それこそ新旧の街並みの対比がとても面白い。未来的なみなとみらい地区と庶民的で60年代の歓楽街のイメージが残る野毛を見比べるのはとても楽しい。

野毛にはジャズのライブスポットやジャズバーも数多くあって、僕も好きな場所だ。庶民派の野毛よ、いつまでも、がんばってね!

ひらめき参考資料 http://www.noge.com/
posted by アレックス杉山 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 野毛・桜木町近辺