2012年07月20日

がんばれJAPAN

japan-flag.jpg

ロンドンオリンピック開催が近づき
日本選手団もロンドン入りしたとかで
いよいよですね。

そんなことで
がんばれJAPANのフラッグ応援です。

これは、みなとみらい地区のシーバスの乗り場から
シーバスで少し海へ出た地点から
みなとみらい地区の夕暮れをスナップした写真です。

シーバスの後尾で日本の国旗が風になびいて
夏の暑さも少しだけ和らぐトワイライトタイムです。
posted by アレックス杉山 at 13:43| Comment(0) | みなとみらい地区

2012年07月03日

黄昏のみなとみらい

minatomirai-twilight.jpg

シーバスに乗って
黄昏のみなとみらいをスナップしました。

ランドマークタワーの横をすり抜け
太陽が強く逆光を射しています。

このアングルの夕焼けが
横浜では一番フォトジェニックなんでしょうか?
posted by アレックス杉山 at 22:35| Comment(0) | みなとみらい地区

雲の表情も夏めいて・・

minatomirai1.jpg

夏が近づきつつあるというのは、雲の表情でもわかります。

みなとみらい地区を大桟橋方面から見ると
典型的な横浜ランドスケープが広がります。

赤レンガのレトロな建物と
ランドマークタワーを中心とする近未来的なビル群の
コントラストがいかにも横浜らしいですね。
posted by アレックス杉山 at 11:21| Comment(4) | みなとみらい地区

2012年06月30日

砂漠の蜃気楼?

osanbasi1.jpg

大桟橋から見たみなとみらいは
まさに砂漠の蜃気楼のようです。

大桟橋の屋上は、船のデッキを模して
木で作られているので、
ベージュ系の色が砂漠のようにも見えます。

その上に浮かび上がるようなみなとみらい地区の近未来的なビル群は
蜃気楼のようで、面白い写真となりました。
posted by アレックス杉山 at 13:07| Comment(3) | みなとみらい地区

クィーンの塔

queen-tower.jpg

赤レンガ倉庫から日本大通りへ向かう途中に、
5階建てのエキゾチックな庁舎があり、
イスラム寺院を想わせる緑青色のドームは、「クイーンの塔」の愛称で親しまれています。
「ロマネスク」などの西欧建築様式が混在し、
それをベージュ色の磁器タイルが優しく覆っています。

夜景で撮影すると
とても異国情緒がありますね。

posted by アレックス杉山 at 12:40| Comment(0) | みなとみらい地区

2012年06月29日

レトロとみらい

akarenga1.jpg

このアングルから撮影すると
赤レンガ倉庫とランドマーク、インターコンチネンタル ホテル の
まさにレトロとみらいのコントラストが面白いですね。

梅雨の合間の晴れ間は
ありがたいです。
posted by アレックス杉山 at 12:00| Comment(2) | みなとみらい地区

2012年06月26日

夏のシルエット

夏のシルエットビル

このところ、梅雨の雨降りが続き、少し憂鬱になっていたので、
爽快な夏をイメージする写真を掲載します。

みなとみらいのランドマークタワーと双璧をなすシンボルともいえる
このヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルは、
海に出帆する船の帆をイメージしてデザインされたらしいです。

晴天のスカイブルーに純白の孤を描いて、なかなかアートしています・・・ホテルの低層階の曲面ガラスも微妙な光のグラデーションを作って、
とても美しい彩を放っています。


みなとみらい地区にはこういったモダンな建物がどんどん建っていて、
これからが楽しみです。
2年後の2009年は横浜開港150周年でイベントも盛りだくさんのようです。

街が成長していくのをリアルタイムで見られるのは、幸せなことかもしれないですね。

ひらめき参考資料 http://www.interconti.co.jp/yokohama/
posted by アレックス杉山 at 17:40| Comment(0) | みなとみらい地区

2012年06月20日

夕暮れの汽車道

汽車道

みなとみらい地区の中心にある運河に、「汽車道」がある。その昔は臨海鉄道が走っていて、赤レンガ倉庫の荷物や人々の輸送手段として活躍していた。今は、整備されて線路だけが残り遊歩道となっている。

夕暮れ時の汽車道は、散歩するにはちょうどいい長さとロケーションがあり、多くの人が散策を楽しんでいる。夜はライトアップされ、ロマンチックなイルミネーションもあるので、カップルも多い。

夏の夕暮れ時に、ぜひ立ち寄ってほしいお勧めスポットです。

ひらめき参考資料 http://www.natsuzora.com/may/park/kishamichi.html

汽車道2
posted by アレックス杉山 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい地区

2007年07月15日

台風接近、雨に煙るランドマーク

雨に煙るランドマーク1

台風が近づいているので、強い雨が降って、
昼間なのにかなり暗くなってしまいました。

こんな日は背の高いランドマークタワービルは、
上部が雲に隠れてしまいます。まるで水墨画のようです。

ビルの上階で仕事をしている人は、前は雲海のようだろうな・・・。

いつもはシャープな構築的なフォルムを見せるみなとみらいの建築群も、
雨に煙って霞んでしまいました。
でもこの情景もなかなかドラマチックだと思いますね。

とはいえ、台風の進路が横浜から離れ、
台風の被害が少なくなるように祈るばかりです。

15日は期待していた横浜花火大会の日だっただけに
複雑な思いですね。

ひらめき参考資料 http://www.yokohama-landmark.jp/


雨に煙るランドマーク2
posted by アレックス杉山 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい地区

2007年07月13日

幾何学的な美術館

横浜美術館

横浜美術館はランドマークタワーなどが立ち並ぶみなとみらい地区にあるので、
横浜でも先端的イメージのある場所です。
梅雨時の曇天に見ると、全体がモノトーンのアートフォトに見えてきますね・・・。

淡いベージュのトーンで幾何学的なデザインフォルムは、
周りのビルも含めて、かなりスケール感があります。

前庭にあるオブジェも半球体の幾何学的なフォルムを意識して作ってあります。

この美術館の片隅でも個展をやらせてもらえたら幸せだな・・・。そのときは、幾何学を意識したアートをいくつか展示したいと思っています。

ひらめき参考資料 http://www.yaf.or.jp/yma/
posted by アレックス杉山 at 10:47| Comment(3) | TrackBack(0) | みなとみらい地区

2006年09月07日

祝、紀子様男子誕生!

シーバスの日の丸

日の丸の旗を見ることが最近、少なくなった気がする。サッカーの国際試合や他のスポーツイベントでは時々見かけるけれど、街並みの中に見つけるのは意外に難しい。

最近できた横浜ベイクォーターの横から、シーバスがみなとみらい21を経由して山下公園埠頭まで行き来している。シーバスの最後尾にこの日の丸の旗を見つけた。夕暮れのみなとみらい21のビル群をバックに、久しぶりに感動的な日の丸を見た。

紀子様に男子が誕生し、日本全国がちょっとお祝いムードになっていて、商店街では日の丸を飾るところも出てきた。なにせ41年ぶりの男子誕生で、皇位継承の問題も少し沈静化しそうだ。シーバスの日の丸は、僕にとってはまさにタイムリー! 祝、紀子様男子誕生!

日の丸の旗は、白地に赤の丸だけで、世界中で一番シンプルでインパクトのあるデザインだと思う。お祝いムードもある。日本ガンバレ! 

ひらめき参考資料 http://www.yokohama-cruising.jp/seabass.html
posted by アレックス杉山 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい地区

2006年09月05日

額縁の中のみなとみらい

ナビオス横浜

ナビオス横浜のビルは、パリの凱旋門のように、真ん中がくり貫かれていてその向こうにみなとみらいのシンボル的なビル群が見える。その間には懐かしい「汽車道」も残されていて、ビルのデザインを周りのロケーションに配慮して同調させていて面白い。

ここから見ると、ナビオス横浜のビルが額縁になって、みなとみらいをシンボライズするランドマークタワーをはじめとしたビル群のアート作品を見ているようだ。

実際に下記ホームページを見ると、意図的に額縁効果を狙った建て方だとわかった。凄い!自分のビルだけでなく周りの景観を優先させた心意気は頭が下がります。

ひらめき参考資料 http://www.navios-yokohama.com/hotel/faq.htm

ナビオス横浜2<
posted by アレックス杉山 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい地区

2006年08月04日

「住んでみたい街」調査で「横浜」が2位!

みなとみらい汽車道

不動産大手8社のアンケート調査によると、首都圏で住んでみたい街のランキングは、1位「自由が丘」、2位「横浜」、3位「吉祥寺」、4位「二子玉川」、5位「鎌倉」、6位「恵比寿」、7位「たまプラーザ」、8位「代官山」、9位「品川」、10位「広尾」。上位トップ10のうち、鎌倉、たまプラーザ、代官山が、昨年同時期の調査に比べ順位を上昇させた。

また、世代別ランキングでは、団塊世代(55歳以上)が、1位「横浜」、2位「鎌倉」、3位「自由が丘」。団塊ジュニア世代(30〜34歳)が、1位「自由が丘」、2位「横浜」、3位「吉祥寺」となった。

横浜に住んでみたい理由の1位は「交通の便がよいから」、2位「海に近いから」、3位「商業施設が充実しているから」となった。

・・・という報告書がヨコハマ経済新聞(Web版)に掲載された。この写真のみなとみらい地区はヨコハマのシンボルでもあるランドマークタワーもあり、運河や公園、赤レンガ倉庫や高層マンションなど、憧れの人気エリアだと思う。

2009年の横浜開港150周年に向けて、ますます横浜が注目されるのは、住民として嬉しいことです。もっとがんばって、横浜タウン探索を全国レベルで発信していきたいものです。

ひらめき参考資料 http://www.hamakei.com/headline/1815/
posted by アレックス杉山 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい地区

2006年07月12日

赤レンガの向こう側

赤レンガ倉庫裏側

赤レンガ倉庫はもちろん、表側の景観はステキだが、裏側のやや無骨なデザインも捨てがたい魅力がある。こちらは当時、荷物の入出荷をしていた場所なんだろうな。

夕暮れ時は、光が赤紫がかかって、赤レンガの色に深みを落とす。

赤レンガ倉庫がリニューアルする前は、よく映画やテレビドラマの撮影に使われたこともあり、僕も20年近く前にファッションの撮影に使わせてもらった。その頃は倉庫の裏側は、それこそ草もぼうぼうの荒地という感じがして、錆付いた線路がなかなか郷愁を感じさせてくれた。

今では海の方向にベイブリッジもできて、昔とは比べ物にならないくらい都市化したので風景が変わってしまった。

でも、赤レンガ倉庫を取り壊さずにこのように残してくれたのは本当に良かった。新しいビルばかりじゃ素っ気ないものね・・・。

ひらめき参考資料 http://www.yokohama-akarenga.jp/
posted by アレックス杉山 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい地区

2006年07月08日

爽快なパースペクティブ

日本丸メモリアルパーク

日本丸メモリアルパークの建物を少し広角レンズで撮影すると、微妙な傾斜角度と遠近感があって面白い写真が撮れる。

日本丸に向き合うように、この建物が曲面を描いている。このビルの上はグリーンの芝生が敷き詰められていて、天気のいい日は格好のリラックススペースになっている。

ひらめき参考資料 http://www.nippon-maru.or.jp/
posted by アレックス杉山 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | みなとみらい地区