2012年08月07日

幾何学的な都会のフォルム

pacifiko.jpg

パシフィコ横浜の壁面ガラスは
幾何学的な都会のフォルムを描き出します。

快晴の日は、空のブルーが爽快です。

海が近いので、潮風も何となく感じますね。
posted by ガセン at 12:07| Comment(1) | 山下公園・中華街

2012年07月23日

豪華客船サファイア・プリンセス号で大桟橋も隠れる

bluesapho.jpg

世界最大級の豪華客船サファイア・プリンセス号(11万6000トン)が2600人の乗客を乗せて、
大桟橋に接岸したときの写真です。少し前ですが・・・・

全長290m 全幅37.5m 乗客定員2,670人(1室2名)の大きさで
さすがの大桟橋デッキもほとんど隠れてしまいそうです。

近くで見ると巨大なビルのようで圧倒されます。

最近は老後をこういった豪華客船の世界一周の旅で楽しむ人たちが
増えているとか。羨ましい限りです。

青い空と紺碧の海にその白い巨体がとても映えます。

posted by ガセン at 18:58| Comment(1) | 山下公園・中華街

2012年07月03日

ベイブリッジ遠景

baybridge1.jpg

大桟橋埠頭の屋上ガーデンから
ベイブリッジを眺めています。

晴れた日には、青い空と白いベイブリッジの
色のコントラストが、気持ちいいです。

グリーンの芝生も入れて
風景の「ミルフィーユ=多層」ができました。
posted by ガセン at 12:56| Comment(4) | 山下公園・中華街

白いかもめとベイブリッジ

yamasita-bird.jpg

山下公園の海側のガードに
白いかもめが休憩していました。

背景にはベイブリッジが見え
爽やかな写真となりました。

白いかもめさんたちは、
山下公園のシンボルかもしれませんね。
posted by ガセン at 12:47| Comment(5) | 山下公園・中華街

2012年07月02日

氷川丸の煙突の煙?

hikawamaru1.jpg

山下公園の埠頭に接岸する氷川丸は展示用で
固定され動きませんが

ちょうど、雲が煙突の煙のような形で
真上にあって、面白い写真が撮れました。

夏は近いですね。
posted by ガセン at 11:48| Comment(4) | 山下公園・中華街

2012年05月03日

ニューグランドホテルのシルエット

hotel-shadow.jpg

山下公園の前にある有名なニューグランドホテルは
横浜を代表する老舗ホテルです。

日差しが強くなって、エントランスの看板ロゴが
モノタートンの小粋なデザイン構図を作ってくれました。

HOTELのロゴが逆立ちして
一番のアクセントになっています。
posted by ガセン at 21:46| Comment(0) | 山下公園・中華街

2012年04月10日

雲が描くドラマ

山下公園の雲

世界の中心で愛を叫ぶ・・・の本のカバーには、雲がぽつんとあって、さりげないデザインが好感を持てた。時々本のカバーのデザインをするけど、自分の好みはシンプルなのがいい。

夕暮れ時の雲は、パープルがかって、ちょっと神秘的だ。海を見ながら物思いにふけるとき、雲はいろんな空想の道具になる・・・

今日の雲は何に見える?鳥?猫?それとも・・・

何となく誰かの顔に見えてきた・・・福沢諭吉・・・シビアだなあ・・・月末が近いし・・・

ともかく、雲は天の描くデッサンのようだ・・・

ひらめき参考資料 http://www.yamashitapark.net/content.html
posted by ガセン at 17:35| Comment(5) | TrackBack(0) | 山下公園・中華街

2012年03月28日

懐かしの山下公園エリア花火大会

hanabi1.jpg

山下公園の花火大会の模様ですが、少し前の写真です。

東北大震災後はこのエリアでの花火大会が自粛されて開催されず
とても残念です。

高感度撮影で撮っていますので
画像が荒いですが、それが却って絵画的に見えるかもしれません。

もう一度見たい、山下公園の花火大会です。
posted by ガセン at 19:56| Comment(0) | 山下公園・中華街

2012年02月02日

ホテル・ニューグランドの夕暮れ

ニューグランドの夕暮れ

yokohama478-2.jpg

ミートパイ


冬の空はとても澄み切っていますが、
特に晴れた日の夕暮れ時は、ホテル・ニューグランドと並木道は
ヨーロッパ的な風情で心が和みます。

ちょうど、ホテルの入り口の前を「あかいくつ」という
この近辺を循環している観光バスが通りました。

ホテルの赤いふぁサードとバスの赤がシンクロして
なかなか面白い写真になりました。

最近テレビでこのホテル・ニューグランドの「ミートパイ」が
取り上げられていましたが、とても美味しく絶品です。
ぜひお試しください。一個400円ぐらいだったと思います。


ひらめき参考資料 http://www.hotel-newgrand.co.jp/
posted by ガセン at 11:07| Comment(0) | 山下公園・中華街

2008年05月23日

どこまでも続くデッキ

大桟橋

大桟橋のデッキは恐らく日本で最大の木製デッキなのではないでしょうか?
緩やかな起伏が、巧みに木の板を組み合わせて作られていて感心します。
桟橋というより巨大な船のデッキのようです。

でも、外国の客船の中には、この大きく長い大桟橋のデッキからはみ出すような巨大なものもある。そばにいたら威圧されてしまう・・・。

晴れた日には、のんびりと読書をする人や恋人と語らう人たちもいて、ゆったりした時間をここでは味わえます。

晴れた日に永遠が見える・・・そんな題名の映画があったなあ・・・。
このデッキを見ていると、海に向かってどこまでもつながっているような錯覚に陥ってしまいます。

ひらめき参考資料 http://www.osanbashi.com/
posted by ガセン at 20:44| Comment(5) | TrackBack(26) | 山下公園・中華街

風景のフォトコラージュ

大桟橋入り口

大桟橋ホールの入り口はガラス張りで、ガラス越しに海が透けて見えます。
このガラスにも周りの景色が映りこんで、昔見たモダンアートの巨匠デビッドホックニーのフォトコラージュのようです。

大桟橋全体のデザインは、横浜が国際コンペとして世界から設計デザインを集め、世界41カ国、660作品の応募があり、国内で行われた国際コンペとしては過去最高のものとなりました。
最優秀作品には、イギリス在住の建築家アレハンドロ・ザエラ・ポロ、ファッシド・ムサヴィ両氏の作品が選ばれました。
凄く大きなスケールで作られたことがわかるし横浜のもうひとつの顔としても存在感がありますね。

美しい建物は、風景をリフレッシュしてくれます。


ひらめき参考資料   http://www.osanbashi.com/sisetu/sisetu_building_01.html
posted by ガセン at 18:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 山下公園・中華街

2007年07月17日

台風一過の爽快な山下公園

台風一過の山下公園

昨日の午前中は、台風一過の爽やかな青空が広がり、
山下公園も多くの人出で賑わっていました。

午後から、天気が曇り始め夜には雨が降ってきて少し残念でしたが・・・。

写真の向こうに見えるマリンタワーも、近くに停泊している氷川丸も
営業も辞めてしまっているので、かつての賑わいはないですが
それでも休日はさすがに人出が多く、
大道芸のおにいさんもがんばっていました。

2年後の横浜開港150周年には、マリンタワーも復活し
新しいイベントや設備で賑わいが復活すると期待しています。


ひらめき参考資料 http://www.yamashitapark.net/content.html
posted by ガセン at 08:23| Comment(4) | 山下公園・中華街

2007年07月09日

大桟橋の今昔物語

大桟橋のイラスト

海岸通りを大桟橋に向かう途中の橋桁にこのイラストがあります。大桟橋の昔の様子が良く分かって、感慨深いですね。

大桟橋は1892(明治25)年 イギリス波止場の延長線上に鉄桟橋工事着工(イギリス人技師H.S.パーマー設計、横浜港最初の築港工事)とあるので、約110年以上もの歴史がある。まさにヨコハマの玄関です。

日本が海外と交流を始めた起点となったに違いないですが、今は、国際設計コンペで外国人の建築家によって、とてもモダンな建物に生まれ変わっています。まさに大桟橋の今昔物語ですね。

太陽の光も斜めに射していて、何となく今昔のコントラストを付けてくれました・・・。

ひらめき参考資料 http://www.osanbashi.com/sisetu/sisetu_ayumi.html
posted by ガセン at 09:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 山下公園・中華街

横浜開港メモリー

横浜港記念プレート

大桟橋へ向かう道には、いくつかこういった記念のプレートが埋め込まれています。

木漏れ日の光がスポットライトのように当たって、何となくほほえましいイメージの写真が撮れました。

1859年というと今から150年近くも前の話だけれど、ペリーの黒船の来航から、当時の日本人はさまざまな外国文化に驚き続けたんだろうな・・・。
渡辺謙を一躍海外でも有名にした映画の「ラストサムライ」も、横浜港の当時の様子を描いているようでした。(場所の設定が違うかな?)

横浜は日本の文明開花と欧米文化との「扉」だったんだなあ・・・と妙に感心!

2年後の2009年には横浜開港150周年記念を迎えます。
いろんなイベントがあるようで今から楽しみです。

ひらめき参考資料 http://www.osanbashi.com/
posted by ガセン at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 山下公園・中華街

2007年07月08日

夏の日差しへ・ホテルニューグランド

夏の終わりのホテル

久々に山下公園を早朝散歩しました。

梅雨だというのに暑さが厳しく、今年の夏も厳しい暑さになりそうです。

山下公園の正面にあるホテルニューグランド旧館入り口は、
朝の日差しのコントラストをつけて、外国にいるような雰囲気があり、
青い空と白い雲とグリーンがほどよい彩りになっていました。

ちょうど、入口横に、真っ赤なコンテナを積んだトレーラーが停車していて、
その赤が木々のグリーンの中でアクセントカラーになってくれました。

1週間後の日曜日の15日は山下公園の前で花火大会があるので
このあたりは絶好の花火見物スペースとなり
凄い人出が予想されます。

横浜はこの花火大会があると、いよいよ夏が始まるという合図になりますね。
楽しみです。


ひらめき参考資料 http://www.hotel-newgrand.co.jp/
posted by ガセン at 09:06| Comment(77) | TrackBack(0) | 山下公園・中華街