2007年07月09日

横浜開港メモリー

横浜港記念プレート

大桟橋へ向かう道には、いくつかこういった記念のプレートが埋め込まれています。

木漏れ日の光がスポットライトのように当たって、何となくほほえましいイメージの写真が撮れました。

1859年というと今から150年近くも前の話だけれど、ペリーの黒船の来航から、当時の日本人はさまざまな外国文化に驚き続けたんだろうな・・・。
渡辺謙を一躍海外でも有名にした映画の「ラストサムライ」も、横浜港の当時の様子を描いているようでした。(場所の設定が違うかな?)

横浜は日本の文明開花と欧米文化との「扉」だったんだなあ・・・と妙に感心!

2年後の2009年には横浜開港150周年記念を迎えます。
いろんなイベントがあるようで今から楽しみです。

ひらめき参考資料 http://www.osanbashi.com/
posted by アレックス杉山 at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 山下公園・中華街
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/838233

この記事へのトラックバック